Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リング★ドリームのおもひで5


(2006年10月04日21:57)
 そんなこんなで執筆がはじまりました。
 編集部から、カードゲーム版からキャラの流用をせよと指示が降りてきます(ソニックが気に入られた模様)。

 もちろん流用に異存はありませんが、かといって流用キャラだけでは寂しい、という気持もありました。
 せっかく受けた女子プロレスの衝撃。
 それを反映させたキャラクターも作りたいな……と思ったわけです。

 反映というか、モデルにしたキャラですね。
 今ならもう少しオブラートにくるんだキャラを作っていたでしょうが、女子プロレスを自分の中で消化中ということもあり、かなりストレートなキャラクターが出来上がりました。

 それが
 山口、佐久間、加納の3人。
 それぞれ井上京子選手、豊田真奈美選手、山田敏代選手がモデルです。
 上の2枚が連載前の設定画。佐久間・加納もこのあたりでガッチリ存在しています。


 会議を進めていくうちに、連載は新人レスラーが主役という事に決まりました。
 これは
1.コンプRPG読者の大半はプロレスを知らない
2.だからいきなりディープなプロレスネタは禁止
3.なら、読者がじょじょに「プロレスの世界を」知っていく形にすればいい
4.それなら主役は新人たち。読者に近い視点から始めよう
 という理由で、至極ごもっともな判断です。

 プレイヤーもプロレス素人、あるいは浅いファンで固めることが決まり、担当編集夫妻、実験室の文字書きの3人。
 後に絵描きを含めた4人がプレイヤーとして選ばれました。

 連載作業の都合上、ルールが完成するより先にキャラクターのイメージを作ってもらう必要ができたので、初期の3人にはうんうんと唸ってもらうことになりました。
 当時のキャラクターとプレイヤーは下記の通り。

 鰺原こずえ/担当編集者。
 熊野涼子/担当編集者の妻
 山村なみき/実験室の作家(ばにぃはんたぁ零の人)
 藤井朱音/実験室の作家(館尾冽)

 主役が新人なので先輩レスラーたちの登場は必然的に抑えられます。
 数がいるとかえって邪魔ですから。
 カードゲーム版のキャラ流用は編集部の要望なので、必然的に新規キャラクターが絞られました。
 結果、主役たちと被る佐久間・加納は排除。山口だけが残りました。

 1人だけならば、せめてインパクトのある名前をつけようと決意。

 最初は「ゼットン山口」という名前がつけられました。

 プロレスラーは強い(少なくとも、強いというイメージを持たせる必要がある)。
 強いと言えば怪獣。
 その怪獣の中でも特に強い怪獣。
 ウルトラマンを倒した怪獣。
 
 ゼットン。

 強いレスラーの象徴として、これほど相応しい怪獣はいるまい。
 そう思ってつけられた名前です。
 しかし、この名前は幻に終わります。

 それは、設定を見た担当さんに言われた言葉。
「あ、ゼットンって名前の女子プロレスラーっているんだよ」

 最初は実在のレスラーのことかと思いました。
 が、違う模様。
 とはいえ担当さんも詳しくはないらしく……言われるままに本屋に行き、その漫画を見つけます。

 「遙かなるリング」。

 リンドリとほぼ同時期に連載されていた、熱い女子プロレス漫画です。
 その中に、確かにゼットンの名を持つレスラーが存在していました。

(続きます)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活49日目

(10月23日23:07)
 女子寮のある部屋での会話

(ガンッ!)

真鍋:ぎゃ――――――――っ!
辻 :なに今の音っ!?
真鍋:~~~~~~~っ!
辻 :つかさ、どうしたの!?
真鍋:べ……ベットの天板に………………
辻 :ぶつけちゃったの?
真鍋:(頭を抑えたまま頷く)
辻 :おもいっきり?
真鍋:かるくだけど……縫ったとこ……
辻 :あーあ、バカだねこの子は……
真鍋:…………いたい……
辻 :見せてごらん。
真鍋:…………ここ……
辻 :んー……包帯に血はにじんではないかな。
真鍋:もうダメ……あたし、死ぬんだ……
辻 :情けないぞ。リングの威勢はどうした。
真鍋:普段のあたしはかよわい女の子にすぎないのであった。
辻 :あった……って、あのね。
真鍋:じんじんする。じんじんする~。
辻 :ん……とりあえず、今のところ血とかでてないみたいだから。
真鍋:じんじん……
辻 :明日になっても痛かったら、ドクターのところ行ってきなよ。
真鍋:じん……
辻 :………………?
真鍋:…………………………
辻 :つかさ?
真鍋:………………おさまった。
辻 :………………………………おまえな…………
真鍋:あー……痛かった。
辻 :こんなすぐおさまるなら、あんな悲鳴あげるなっ!
真鍋:だってだって。ぶつけた時は死ぬかと思ったのは本当だしっ!
辻 :心配損だよ。
真鍋:痛いとき、騒ぐと気が紛れるじゃんかー。
辻 :はいはい。
真鍋:庇護欲そそる?
辻 :(あー、傷口つついてやりたい)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活48日目

(10月22日22:26)
 女子寮のある部屋での会話

真鍋:……トイレ……
辻 :また?
真鍋:だって……
辻 :あんなに薬飲むから……
真鍋:しょうがないじゃんか~
辻 :ま、いっといでいっといで。
真鍋:香澄ん態度つめたいー。
辻 :あたりまえだろ。しばらくしたら口内炎も確実だね。
真鍋:う~……
辻 :ほら、いったいった。ここで漏らされたらたまんないから。
真鍋:香澄んの下品ー!
辻 :いつものつかさには負けるけどね。
真鍋:べ~!

(真鍋、退室)

辻 :………………

(棚をあさる)

辻 :やっぱ、ろくな薬残ってないな……
辻 :………………
辻 :草さんとこに行ってみるか。
辻 :なにか胃に優しい薬草とか持ってそうだし……

(辻、退室)

続きを読む

ブログアドバンスとアクセス

(ブログのみ記事)
 ブログアドバンスとかいうのにしてみました。
 月200円ならいいかなーと。

 色々カスタマイズできるみたいだし。
 アフィリもできるし。
 画像も1テラ保存できる!

 ……ムービーならともかく、画像1テラは使い切れないよママン。
 しかも1枚1メガまでだし。

 まぁ、色々カスタマイズもできるというので申し込んだのですが……
 カスタマイズしてるヒマがなかったりします。
 かえって寂しいデザインになってるな~。





 で、有料サービスにアクセスログも入ってるのですね。
 別にIPとかは取得しませんが、どこから来たかとか、どんな検索したかとか、何時にやってきたかとかが分かるわけです。


 さて、ある日のアクセスは「1778pv(カウント)/265ユニーク(人)」
 みんな、どこからやってきたのだろうと見てみたら。
 圧倒的に元ページがありません。
 唯一、レッスル社長検索様より60人/日来ているのが大きな来客ゲートで、その次が天下のグーグルが6人/日。
 あとは同じレッスル系のサイト様からトータル11名。

 てことはほとんどがブックマーク?

 なんだか色々と面白い結果の出たログなのでした。



※個人が特定できるような解析機能はついていないのでご安心下さい
   ↑
  ログ解析という言葉に過敏に反応なされる方もいるようなので

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活47日目

(10月21日23:39)
 女子寮のある部屋での会話

真鍋:う~~……
辻 :大丈夫?
真鍋:……痛み止め、切れてきた……
辻 :んー、なるべくなら我慢しな。ね?
真鍋:縫われたトコ、じくじくするよ~。
辻 :変な受け方するから……
真鍋:う~……薬~~……
辻 :我慢できない?
真鍋:頭縫われたんだよ?
辻 :(ん~、3針くらいで……と言いたいけど、つかさだしな……)
真鍋:熱いよ~……死んじゃうよ~……
辻 :わかったわかった。ヨーグルト先たべな。
真鍋:おきるのしんどい……チューブの~。
辻 :はいはい。やった時はあんなに元気にしてたのに。
真鍋:あの時はこんなに深手だと思わなかったの~。
辻 :(3針で……いや、深手といえば深手だけど)
真鍋:香澄ん、そい寝~
辻 :つかさ、弱るとホントに甘えんぼになるよな……
真鍋:う~

(自分の横をパンパンと叩く)

辻 :なんか、ついこないだと同じ展開だよね……
真鍋:う゛~~!

(バンバン!)

辻 :はいはい。子供かお前は。

(布団に潜る)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活46日目

(10月20日20:37)
女子寮のある部屋

(誰もいない)















(どうやら、今日中に帰って来れないようだ)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活45日目

(2006年10月19日21:06)
 女子寮のある部屋での会話

辻 :明日はちょっと遠いぞー。
真鍋:おー。
辻 :だから、もう寝るぞー。
真鍋:おー。
辻 :…………
真鍋:………………
辻 :……………………
真鍋:…………………………
辻 :はぁ……東京-富士五湖日帰りか……
真鍋:日帰りできちゃう距離ってのが、ヤだよね……
辻 :昔はそれくらいでもちゃんとホテルとってたらしいけど……
真鍋:わーってるよぉ。
辻 :うん。今は採算がね~。
真鍋:ま、実際……それならギャラあげて欲しいし。
辻 :………………………………
真鍋:……………………………………
辻 :ねよっか……
真鍋:だね……
辻 :おやすみー。
真鍋:らぶー。
辻 :違うだろ。

(消灯)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活44日目

(10月18日21:33)
 女子寮のある部屋での会話

真鍋:香澄んの、繕いタイム!
辻 :なんだそれっ。
真鍋:え、わかんない? 香澄んが繕い物をするんだよ。
辻 :いや、ちょっと話戻して。
真鍋:ん?
辻 :ボクが何で繕い物するの?
真鍋:そりゃ、かわいいあたしの為に
辻 :えっと、ギャグはおいといて。
真鍋:どこがギャグ!?
辻 :全部。
真鍋:えー?
辻 :いや、「えー?」じゃなくてさ。
真鍋:だって、このジャケット穴がみっともないじゃん。
辻 :自分でやれば?
真鍋:この鬼悪魔――――っ!
辻 :なんでだよ!?
真鍋:ほらこれっ!
辻 :なに? 手がどうし…………

(手、傷だらけ)

辻 :うわぁ……ひど……
真鍋:う~~~……
辻 :これ、裁縫しようとして?
真鍋:(頷く)
辻 :切り傷みたいなのもあるけど?
真鍋:針で切った。
辻 :かえって器用じゃないか……それ?
真鍋:(土下座)ギブアップです。お願いします香澄様。
辻 :おまえなぁ……
真鍋:どうか、この哀れな小娘を助けてやってください。
辻 :………………
真鍋:お願いしますお願いします。
辻 :は~~………………………………わかったよ。
真鍋:ていうか、床に手をついたら傷口開いちゃった……血が。
辻 :そんな深くやったの!?
真鍋:う~~~~~~~
辻 :わかった。わかったから。消毒してこい。
真鍋:うん……
辻 :うわ、よく見たらジャケットにも血が点々と……
真鍋:人、それを努力の跡という。
辻 :わかったわかった。認めるからさっさといっといで!
真鍋:はーい

(真鍋、退室)

(血の跡を見て)

辻 :不器用っていうか……むしろ才能かも知れないなあ……これ

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活43日目

(10月17日20:54)
 女子寮のある部屋での会話

(ベットの2人)

真壁:あちゃ……ジャケット穴あいてる。
辻 :あ、ホントだ。
真鍋:香澄ん、裁縫道具持ってる?
辻 :んにゃ、もってない。
真鍋:そっかー、どうしよ。
辻 :明日、買ってきたら?
真鍋:そだねー……

(終了?)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活42日目

(2006年10月16日21:26)
 女子寮のある部屋での会話

辻 :う~、ゆだった~。
真鍋:長湯しすぎ~。
辻 :寒かったからさ~。
真鍋:う~~、きもちわりぃ。
辻 :つかさまでつき合うことなかったじゃん。
真鍋:ほら、そこは裸のつきあいというかさ~…………う~。
辻 :どんなつきあいだよ…………
真鍋:エアコン…………
辻 :こんな季節に冷房か
真鍋:……反対?
辻 :……………………つけて。
真鍋:冷えるまで、パンいちだめ?
辻 :人としてダメ。
真鍋:こんなになるまでつきあったのに……
辻 :つき合えっていってないだろ~
真鍋:う~……
辻 :あ~~……

(ぐだぐだしたまま夜が更ける)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活41日目

(2006年10月15日22:10)
 女子寮のある部屋での会話

(榎本入室)

綾 :やっほー。
真鍋:あれ、綾っぺ。
辻 :どうかした。
綾 :………………?
真鍋:どうした?
綾 :何で、2人とも同じベットで寝てるの?
辻 :あ……
真鍋:なんかヘン?
綾 :狭くない?
真鍋:別に身を寄せ合えば平気だよ。
綾 :ふーん。上あいてるのに?
真鍋:あたしら仲良しだから。
綾 :そうなんだ~。
辻 :(改めてネタにされると……異常だよなぁ)
真鍋:で、なに?
綾 :あ、そうそう。玄関先に集合だよ。5分以内。
真鍋:へ?
辻 :こんな時間に?
綾 :あのねあのね、ミミさんがラーメン奢ってくれるんだって。
辻 :…………え?
綾 :昨日テレビでね。おいしーラーメン屋さんやってたんだよ。
真鍋:あ。
綾 :それがね、それがね。なんとここの近所なんだって~。
辻 :(小声)あの、マズいラーメン屋か。
真鍋:(小声)ジャロに訴えたくなったあそこか。
綾 :朝比奈さんや内田さんとかがその話してて盛り上がってたの。
真鍋:(小声)テレビだとうまそうだったもんね。
辻 :(小声)だまされるよね。
綾 :そしたらね。ミミさんと鏡さんが「奢ってあげる」ってね。
真鍋:へ……へぇ。
綾 :寮のみんな全員にって~。にゅは~♪
辻 :み、みんな……なの。
綾 :そうだよ……って、いけない。他のみんなにも知らせないと。
真鍋:あ……
綾 :もう3分後だよ。いそいでね~♪

(榎本、退室)

真鍋:………………
辻 :……………………
真鍋:ねぇ、これって強制?
辻 :大先輩2人の好意を無にするのは……ヤバすぎ。
真鍋:真実を教えたら……
辻 :実際食べてみるまでは信じてくれないんじゃないかなぁ……
真鍋:…………だよねぇ。
辻 :それで中止になったら……
真鍋:食べたがってる連中に「空気読め」って言ってボコられるか……
辻 :観念していこう。
真鍋:う~……あんなのでカロリー摂取するの屈辱的だぁ。
辻 :昨日いったのはオフレコだよ。
真鍋:うん……
辻 :いこ……遅刻するわけにもいかないし。
真鍋:うー、このまま寝ててぇ……

(2人、しぶしぶ退室) 

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活40日目

(2006年10月14日22:20)
 女子寮のある部屋での会話

(2人でテレビを見てる)

辻 :…………………………
真鍋:………………………………
辻 :……………………………………
真鍋:…………………………………………
辻 :(ごくり)
真鍋:(じゅるり)

(どうやら見ているのはグルメ番組の模様)

辻 :このラーメン屋……近いよね?
真鍋:うん。15分くらいじゃない?
辻 :番組終わってからだと混むかな?
真鍋:……混むね。

(2人、同時に起ち上がる)

辻 :サイフもった?
真鍋:もってない。よろしく!
辻 :よろしくじゃないだろ。
真鍋:言い合ってると時間のロスになるよ。
辻 :くそ……しかたない。いくよ。
真鍋:おー。

(2人してどたどたと退室)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活39日目

(2006年10月13日22:01)
 女子寮のある部屋での会話

辻 :……つかさ、今日放送に乱入してただろ。
真鍋:あ、見てくれたの?
辻 :見たというか……おまえ、どこでもノリかわんないな~。
真鍋:うふふふ。裏表のないピュアなあ・た・し♪
辻 :少しは裏表つけなよ。
真鍋:卑怯な大人になんかなりたくない!
辻 :マジな顔しても駄目。
真鍋:アンケート順位、あたし何位だったんだろ。
辻 :しらないよ。
真鍋:トップ絵メンバー次点?
辻 :…………幸せな脳味噌してるなあ。
真鍋:実際そーかもしれないじゃん。
辻 :はいはい。ま、アンケートはじまったらがんばれ。
真鍋:うん、がんばる!
辻 :(何をどうがんばるのかは……聞かないでおこ)

(  ↓というわけで、選手控え室に乱入した真鍋↓  )
(http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/was/wa_i/index.html)

※現在、真鍋の出ている回は流されて見れなくなっています

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活38日目

(10月12日22:40)
 女子寮のある部屋での会話

真鍋:う~、かゆい。
辻 :どしたの?
真鍋:蚊がいる。くわれた~。
辻 :……窓あけっぱなしにするからだよ。
真鍋:くそー。もう蚊は全滅したと思ったんだよ。
辻 :まだ油断は出来ない時期だよ。
真鍋:くぅ~……バッテンしてもおさまらない~!
辻 :そりゃ……ね。
真鍋:香澄ん、かゆみ止め。
辻 :ないよ。
真鍋:なんでっ!?
辻 :つかさが、「もう夏おわるから」って後半大量に使ったんじゃん
真鍋:うわぁ、これが「人をのろわば穴2つ」ってやつ!?
辻 :違うよ。
真鍋:かゆいかゆいかゆい。久しぶりだからすげーかゆいーっ!
辻 :すこしだけ我慢しなよ。かくとかえって悪化するよ。
真鍋:我慢できない~!
辻 :しかたないなぁ……
真鍋:何かあるの?
辻 :刺されたとこ見せて。
真鍋:ここ。足の甲の……
辻 :あ、これね。
真鍋:何するの?
辻 :じっちゃが、かゆい時はこれだって。
真鍋:何……それ?
辻 :裁縫針。
真鍋:針!?
辻 :刺して、かゆいの絞り出すんだって。
真鍋:え? やだ。なんかそれやだ。
辻 :いいから動かない。ヘタすると深くやっちゃうよ。
真鍋:まったまった。そんなおばあちゃんの知恵袋みたいなのやだ。
辻 :じっちゃだよ。
真鍋:どっちにしてもやだ~。
辻 :観念しろ。試合でもっとぶっといの刺されたことあるでしょ。
真鍋:試合だと覚悟できるけど~っ!

(ちくちく)

辻 :ほら、痛くないでしょ。
真鍋:なんかじくじくする。痛くないけどゾワゾワする~
辻 :これで、しぼって……どれくらい絞ればいいのかな?

(ぎゅわ~)

真鍋:地味に痛い~
辻 :お、血がぷっくりでてきた。こんな感じかな。
真鍋:ひぃぃぃ……蚊め……蚊めぇ……

(これは蚊に刺された時の方法ではありません。真似しないでください)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活37日目

(10月11日23:24)
 女子寮のある部屋での会話

真鍋:う~……死んだ……
辻 :なんというか……
真鍋:…………なんか今日、あたし集中的にしごかれてなかった?
辻 :こうまで予想通りだと、なんか清々しいな~。
真鍋:へんだな……二日酔いは避けたはずなのにこの仕打ち……
辻 :まあ、へんなのは確かだけどね。
真鍋:くそう……運命なんかに負けないからな……
辻 :運命扱いなの?
真鍋:…………す~…………
辻 :………………
真鍋:す~……
辻 :……………………
真鍋:……す~……す~……
辻 :疲れてるだけあって寝付きいいなぁ。
真鍋:す~……
辻 :いつもこうなら、ボクも助かるんだけど……
真鍋:……す~……
辻 :いや……たまにでいいか。
真鍋:す~……
辻 :おやすみ

(消灯)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活36日目

(2006年10月10日23:35)
 女子寮のある部屋での会話

辻 :あー、生き返った~。
真鍋:ほとんど寝てたもんね。
辻 :ボク、オフをこんなにだらだら過ごしたの、初めてだよ。
真鍋:あたしも~。あー、せっかくのオフもったいね~。
辻 :仕方ないよ。
真鍋:もう日付変わるしな~。
辻 :明日も午後から練習あるしなあ。
真鍋:よし、じゃあせめて酒盛りでも。
辻 :だからやめろって。
真鍋:いい酒、手に入れたのに……
辻 :また、社長室のとか言うんじゃないだろうね?
真鍋:……………………あたしと社長の仲だし。
辻 :ホントに社長室のかっ!
真鍋:社長だったら許してくれるよ~。なんだかんだいって優しいし♪
辻 :その分、霧子さんが厳しいじゃん。
真鍋:別に~。あんな守銭奴、怖くないもん。
辻 :ばっ! 懲りないね、つかさも!!
真鍋:香澄んがビビりすぎなんだよ。
辻 :ビビりで結構っ! なんか視線を感じるし!!
真鍋:気のせいだって。
辻 :とにかく。ボクはその酒は遠慮する。
真鍋:ちぇー、つきあいわるいの。
辻 :つかさもやめときなよ。悪いことは言わないよ。
真鍋:いいもーん。どっかツマミもってそうな先輩のとこいくから。
辻 :ホントにやめといた方がいいと思うんだけどなぁ。
真鍋:もー。香澄ん、ホントにビビリすぎ。
辻 :つかさは知らないから……
真鍋:ちぇー……ホントにいっちゃうよ?
辻 :はいはい。行ってきな…………諦めた。
真鍋:香澄んのチキンっ! ビビリんぼっ!!

(真鍋、退室)

辻 :ふう。

(真鍋、入室)

真鍋:あ、カギはあけといてね。帰ってくるから!
辻 :はいはい。
真鍋:あと、ベットの横もあけとくこと!
辻 :知らないよ。
真鍋:べ~~!

(真鍋、退室)

辻 :………………

(周囲をうかがう)

辻 :視線が、消えた気がする。

(さらに、周囲をうかがう)

辻 :これ、ホントにボクがびびってるだけなのかなぁ?

(真相は不明)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活35日目

(2006年10月09日21:57)
 女子寮のある部屋での惨状

(ベットの2人)

辻 :……………………
真鍋:…………………………
辻 :………………………………
真鍋:……………………………………

(4連続興業で体力気力共に尽きたみたいです)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活34日目

(2006年10月08日22:59)
 女子寮のある部屋での会話

(ベットの2人)

辻 :……………………
真鍋:…………………………
辻 :………………………………
真鍋:……………………………………
辻 :3日連続って……こんなにつらかったっけ?
真鍋:気のせいか……ベテランからの当たり強かったような……
辻 :気のせいだよ……
真鍋:…………気のせいかな?
辻 :気のせいってことにしておけ。
真鍋:そうだね……
辻 :……………………
真鍋:…………………………
辻 :………………………………
真鍋:……………………………………
辻 :とにかく……あと1日ある
真鍋:うう……もう寝よう……
辻 :髪乾かさないと……風邪ひかないかぁ?
真鍋:もうだめ……起き上がりたくない。それにもう半分乾いてるし……
辻 :へいきかな……
真鍋:……平気だよ…………たぶん
辻 :じゃ、ボクも……このままで…………いいや
真鍋:うん……
辻 :……………………
真鍋:…………………………
辻 :………………………………
真鍋:……………………………………
辻 :…………すぴゅる~~
真鍋:……す~……

(電気つきっぱなし)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活33日目

(2006年10月07日22:47)
 女子寮のある部屋での会話

真鍋:う~~……連戦ってこんなにキツかったっけ?
辻 :おいおい、だらしないな~。
真鍋:だって二日連続で試合だよ~?
辻 :昔は年間250試合してたんだよ。連日どころじゃないよ?
真鍋:信じられね~……都市伝説でしょ、それ。
辻 :いや、理沙子さんの世代とか実際にやってたよ。
真鍋:さすが化石世代~。
辻 :そういう言い方やめなよ。
真鍋:じゃ、干物世代?
辻 :だからさ~

(ノック音)

辻 :はーい。
理沙子:お邪魔するわね。
真鍋:………………っ!!
辻 :り……理沙子さんっ!? ば、こんばんわっっす!!
真鍋:………………すっ……っス!
理沙子:いいのよ、そんなにかしこまらなくて。
辻 :こ、こんなところへ何のご用でしょう?
理沙子:ふふ。えっとね……ファンの子から大量に差し入れもらったから
辻 :はあ
理沙子:寮の子たちにお裾分けしてまわってるの。
辻 :な、なるほど。
真鍋:な……何をいただきになったのでふか?(噛んだ)
理沙子:干しぶどう……好きかしら?
辻 :ほ……干しぶどう……ですか…………
真鍋:(汗)
理沙子:どうしたの? 顔色悪いわよ?
真鍋:ひっ! いえ、ステキです! 干物もステキです!!
理沙子:干しぶどうって干物かしら?
真鍋:い、いえもうっ! 尊敬しているというか!
理沙子:…………?
真鍋:心にもないというかっ! 一生ついて行きますというか!?
辻 :あ、こ……こいつ、大好物なんですよ。干しぶどう。
真鍋:も、もうっ。あたしも干しぶどうになりたいなっていうか!
辻 :こんなに支離滅裂になるほどに。
理沙子:そう。そんなに好きなの。
真鍋:人生で一番尊敬してます!
理沙子:あらあら。じゃ、多めに置いていってあげるわね。
辻 :あ、ありがとうございます。
真鍋:感激です!
理沙子:ふふ。そんなに喜んでもらえると嬉しいわ。

(大量のレーズンを置く)

理沙子:それじゃね。
辻 :お疲れ様です!
理沙子:あ、そうそう。
辻 :はい?
理沙子:夜更かしはダメよ? あなた達は連戦興業に慣れてないでしょ。
真鍋:ひぃっ!
辻 :あ、すぐに寝ます。
理沙子:ふふ。じゃ、お休み。

(退室)

真鍋:……………………
辻 :…………………………偶然……だよね?
真鍋:あ、いまさらふるえが来た(ぶるぶる)
辻 :まあ……その気持ちも少し理解するよ。
真鍋:ね……ねぇ香澄ん(ぶるぶる)
辻 :なに?
真鍋:今日寝るとき……しがみついてていい?(ぶるぶる)
辻 :……しかたないなぁ……

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活32日目

(2006年10月06日21:53)
 女子寮のある部屋での会話

真鍋:うー、疲れた……
辻 :久々の本番だったもんね。
真鍋:みてここ、アザになっちゃってる。
辻 :うっわ、蹴り?
真鍋:うん。蹴るならレガースつけて欲しい
辻 :あ、あの人か。
真鍋:う~、筋肉やっちゃってないかなぁ?
辻 :ドクターは?
真鍋:一応、平気とは言われてるんだけど……様子見。
辻 :明日は?
真鍋:出るよ
辻 :飛べる?
真鍋:飛んでみせるよ。
辻 :じゃ、少し冷やしておかないと……

(軽くアイシング)

真鍋:うー……
辻 :そんなきつい?
真鍋:今日はもう寝る。だるい~。
辻 :そうしな。
真鍋:だから香澄ん、腕まくらして。
辻 :なんでそうなる?
真鍋:お願い~。早く寝るご褒美だと思って。
辻 :なんでボクがそんな褒美を……
真鍋:してくんないなら、大音量で深夜番組見てやる。
辻 :おまえは~~
真鍋:お願いだよ~、お願いだよ~。
辻 :………………
真鍋:体が弱ってるときは心も弱るんだよ~。安心させてよ~。
辻 :しかたないなぁ……今日だけだよ。
真鍋:やった。
辻 :なんかなぁ……最近、いいように流されてる気が……
真鍋:さ、早く早く(ベットに潜って横をパンパンと叩く)
辻 :なんか……抵抗したくなる風景だなあ。
真鍋:腕まくらしてもらうのなんて初めてだぁ。
辻 :するのも初めてだよ。
真鍋:うふふふ、腕まくら腕まくら~。
辻 :なんか……絶対間違ってる。
真鍋:おやすみ~。
辻 :あ、うん。おやすみ。

(消灯)

辻 :なんか……腕が痺れそうだなぁ。

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活31日目

(2006年10月05日20:37)
 女子寮のある部屋での会話

(ベットの2人)

辻 :今日は早く寝るよ。
真鍋:え? 昨日も早く寝たじゃん。
辻 :明日から興行! つかさも早く寝るの!
真鍋:む~……見たい番組が……
辻 :見たい番組が、じゃないの。昨日つけっぱなしで寝たでしょ。
真鍋:だって香澄んが……
辻 :ボクがなに?
真鍋:香澄んがあったかいから、眠くなっちゃったんだもん。
辻 :人のせいにするなっ!
真鍋:えー、だって……
辻 :なら一人で寝てよ。
真鍋:うわ、香澄んひでぇ。
辻 :なにが?
真鍋:その態度、人としてどうなのさ。
辻 :いいから寝ろっ。
真鍋:む~~。
辻 :なにか不満でも?
真鍋:くそぉ、わかったよ。惚れた弱みだ。言うこときくよ。
辻 :(スルーして)電気消すよ。
真鍋:ちょっと、最近つれなくない!?
辻 :おやすみ~。

(消灯)

真鍋:うぅ……負けない。負けてたまるかぁ。

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活30日目

(10月04日20:25)
 女子寮のある部屋での会話

(ベットの2人)

辻 :じゃ、ボクは寝るね。
真鍋:え? もう?
辻 :昨日遅かったじゃん。眠くて……
真鍋:今日も新番組があるよ。一緒に見ようよ~。
辻 :二日連続だと体がきつくなるよ。
真鍋:平気だよ。横になって見てるんだから体は休まるって。
辻 :起きてると、それだけで違うよ。
真鍋:そうかな?
辻 :ま、いいや。プロなら自己責任。おやすみ……
真鍋:えー?
辻 :…………
真鍋:見ないの?
辻 :す~~……
真鍋:早!
辻 :すぴ~~
真鍋:…………む~。
辻 :……す~~
真鍋:つまんないの。

(適当にチャンネルをまわす)

真鍋:この時間、面白いのやってないなぁ……

(しばらくつまらなそうにテレビを見てる)

真鍋:ふぁぁ……
辻 :すぴ~~。
真鍋:はじまるまで、もつかなぁ……
辻 :……すぴゅ~
真鍋:香澄ん、あったか……
辻 :す~~……
真鍋:なんか……ひとはだって、眠くなってくるよね……
辻 :……すぴ~~

(10分後)

辻:すぴょ~~
真鍋:すー……
辻 :……すぴ~
真鍋:す~……す~……

(テレビつきっぱなし)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活29日目

(10月03日22:04)
 女子寮のある部屋での会話

辻 :さーて。そろそろ寝るかな。
真鍋:ん、おやすみー。

(二人してベットに潜る)

辻 :テレビ、つけっぱなしだよ?
真鍋:ん……見たい深夜番組あるから
辻 :ふーん。
真鍋:おっきーテレビはいいね。寝ながら見れて。
辻 :ま、いいや。ボクは寝るよ。
真鍋:うん。電気消す。
辻 :いいよ。暗闇でテレビは目に悪いから。
真鍋:だって香澄ん、寝るんでしょ?
辻 :別にボクは明るくても寝れる。目の方が大事。
真鍋:香澄ん……
辻 :ん?
真鍋:それって愛? あたしへの愛?
辻 :なにがだよ。
真鍋:だって、その気配り……愛としか。
辻 :やっぱ消す。
真鍋:あ、まってまって。暗くしたら見れなくなるっ。
辻 :うるさい。暗くてもテレビくらい見れるだろっ。
真鍋:ちーがーうー。見れなくなるのは香澄んの寝顔ー。
辻 :はへ?
真鍋:番組始まるまで、愛とともに香澄んの寝顔を……ぶへっ!

(蹴られた)

辻 :消せ! ついでにベットからもでてけっ!
真鍋:やだー。ここはあたしの場所っ。
辻 :じゃあ、ボクが上で寝るっ。
真鍋:ダメー。香澄んはここで寝るのっ。
辻 :最近、マジなんだかギャグなんだかわかんなくてたまにキモいっ!
真鍋:いつでも全力投球で本気なのに~。
辻 :ええい、はーなーせーっ!
真鍋:はなさないーっ。死が2人を分かつまでーっ!
辻 :じゃ、今死ね。具体的には7時間くらい!
真鍋:それなら、2人で抱き合って心中!
辻 :テレビと心中してろーっ!

(結局、これで目がさえて2人とも深夜番組を見た)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活28日目

(2006年10月02日21:51)
 女子寮のある部屋での会話

真鍋:いてっ!
辻 :どしたの?
真鍋:テレビの角にひっかけた……
辻 :気をつけなよ。でかいんだから。
真鍋:……だねぇ。
辻 :29型だっけ?
真鍋:うん。たしかそんなこと言ってた。
辻 :…………でかいよねぇ。
真鍋:先輩の所で見た時は、もうちょっと小さかった気がすんだけど……
辻 :あっちは一人部屋だからじゃない?
真鍋:そっか……
辻 :これが限界だっけ?
真鍋:もうカベぴったり。
辻 :角度かえるとか
真鍋:そしたらベットから見れない。
辻 :いいじゃん。別に。
真鍋:あと、距離。
辻 :あ……そっち幅だと見るとき近すぎるか。
真鍋:この部屋、横幅あんまないからなー。
辻 :この部屋には過ぎた品物だよね。
真鍋:うん。すごく……浮いてる……
辻 :場所、すごくとってるし。
真鍋:こんなでかいと邪魔だよね。
辻 :うん。邪魔だねぇ。
真鍋:すごい邪魔。
辻 :図体ばっかりでかいよね。
真鍋:画面、大きすぎだよね。
辻 :なんとかなんないかなあ。
真鍋:なんとかしたくても、なんともないないよねぇ。
辻 :ホント、でかいよね。
真鍋:部屋と釣り合いとれないよね……

(しかし、2人とも絶対に「いらない」とは言わないのであった)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活27日目

(10月01日23:48)
 女子寮のある部屋での会話

(テレビを担いで入ってくる真鍋)

真鍋:ただいまー。香澄ん、戦利品だぜい♪
辻 :うわ、どしたのそのテレビ?
真鍋:もらった。新しいの買ったからって。
辻 :へぇー、いいテレビじゃん。
真鍋:液晶に変えたんだって。
辻 :ふーん。これだけいいのだと競争率高くなかった?
真鍋:高くなりそうだったけど、あたしに優先的にくれた。
辻 :へえ? 誰?
真鍋:朝比奈先輩。
辻 :へ? つかさ、先輩と仲よかったっけ?
真鍋:いや……そういや、なんか最近優しいなあ。
辻 :へぇー、なんでだろ?
真鍋:あ、そういや
辻 :ん?
真鍋:周りが何言っても気にするなとか言ってたよ。
辻 :へ? なにそれ?
真鍋:さー。香澄んもがんばれって。何か悪いモンたべたかね。
辻 :(あ……まさか)
真鍋:ま、優しい分にはあたし的にはどーでもいいけどねー。
辻 :(朝比奈さん、勘違いしたままなんじゃ……)
真鍋:ん? 香澄んどうかした?
辻 :あ、いや何でもない。
真鍋:じゃ、早速つなげよー。
辻 :その前に、どこ置く? 結構おっきいよ、これ。
真鍋:んーと、アンテナがこの位置だから……
辻 :(ま、そのうちそれとなく誤解といておくか……)

(そして、夜中の模様替えが始まる)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活26日目

(09月30日20:24)
 女子寮のある部屋での会話

(ベットに横たわる真鍋)

真鍋:……う~~ん……
辻 :あ……気がついた?
真鍋:………………
辻 :……えーっと……
真鍋:…………………………
辻 :まあ、おつかれさま。
真鍋:………………ここは?
辻 :部屋だよ。
真鍋:部屋?
辻 :途中で気絶したんだよ。
真鍋:…………気絶?
辻 :ほら。昨日の件でセッキョされて。
真鍋:……セッキョ………………
辻 :……………………
真鍋:…………………………
辻 :つかさ?
真鍋:ひぃっ!(毛布をガバッとかぶる)
辻 :うわっ。
真鍋:反省しました反省しましたもうしませんもうしませんっ!
辻 :そうとう堪えたみたいだね。
真鍋:もうやめてもうやめてもうやめて(ぶるぶるぶるぶるぶる)
辻 :落ち着いて、つかさ。もう終わったから。
真鍋:ごめんなさいごめんなさいごめんなさい(ぶるぶるぶるぶる)
辻 :……そんなにきつかったの?
真鍋:(ぶるぶるぶるぶるぶるぶる)
辻 :ん~、そこまでなるほどだったのかなぁ?
真鍋:(ぶるぶるぶるぶる)
辻 :だって、別に殴られたわけでもしごかれたワケでもないじゃん?
真鍋:な、殴られた方がマシだったよぉ(ぶるぶる)。
辻 :そうかな? 普段のセッキョよりぬるいじゃん。
真鍋:あ、あんなのセッキョじゃない。ただの虐待だぁ(ぶるぶる)。
辻 :ボクさ……経験ないからわかんないんだけど。
真鍋:あんな苦痛、生まれて初めてだったよぉ(ぶるぶる)。
辻 :そんなにつらいの? 二日酔いって。
真鍋:つらいに決まってるじゃないかぁ!(ぶるぶる)
辻 :そんなに大きい音、ダメ?
真鍋:か、香澄んはそんな顔して酒豪だからわかんないんだぁっ!
辻 :みたいだね……自覚はないけど。
真鍋:あんなに頭痛いのに……目の前でゴング鳴らすなんて!
辻 :……自業自得じゃんか。
真鍋:二日酔いに千本ゴングなんて人間のすることじゃない(ぶるぶる)
辻 :そういうモンかなあ。
真鍋:五寸釘を打ち付けられるのと同じだよぉ(ぶるぶる)。
辻 :んなオーバーな……
真鍋:先輩たちはあたしの頭に千本の釘を打とうとしたんだぁ(ぶるぶる)
辻 :つかさ、途中で気絶しちゃったけどね。
真鍋:みんなドSだぁ……笑いながら……
辻 :ノっちゃった部分はあるかなあ。つかさ、リアクション凄かったし。
真鍋:もう、飲まない。お酒なんて二度と飲むもんか……
辻 :うん。それがいいと思うよ……
真鍋:もう飲まない。絶対飲まない。
辻 :うんうん。そうだね。じゃ、誓ったところでオフロいっといで。
真鍋:え? ……今日は……つらいなあ。
辻 :だーめ。つかさ、昨日も入ってないだろ。
真鍋:……におう?
辻 :におわなくても! さすがにもう頭痛もおさまったでしょ?
真鍋:ん~~、涼しくなってきたし、二日くらい……
辻 :入らなくてもいいけど、隣で寝かさないよ?
真鍋:……行きます。はいってきます

(真鍋、しぶしぶ浴場へ)

辻 :…………隣で寝るの、そんなに重要なんだ?

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活25日目

(09月29日20:26)
 女子寮のある部屋での会話

(真鍋を背負って入室)

辻 :はぁ……はぁ……やっと…………ついた。
真鍋:……んに~。
辻 :ほらついたよ。さっさと降りろよっぱらい!

(真鍋を床に放り投げる)

真鍋:むぎゃっ!
辻 :ったく……タチ悪い酔い方すんだから。
真鍋:う~、いたい……ひろいよ、香澄ん~
辻 :ひどくない。ここまで背負ってきてやっただろ。
真鍋:ん~……あれ、香澄んが3人に減った?
辻 :減ってない。ボクは1人。
真鍋:でも、3人で運んだんなら軽かったでしょ。
辻 :1人!
真鍋:にゅふふふ。香澄んに囲まれて、ハーレムですにゃ~。
辻 :(あきらめ顔)昨日、情けをかけるんじゃなかった。
真鍋:にゅふふふふふ(幸せそう)。
辻 :ホントに。わかってんの? つかさは付き人として行ったんだよ?
真鍋:お祭り……楽しいねぇ……
辻 :はぁ……今は何いっても無駄か。
真鍋:にゅふふふ
辻 :もう…………明日、先輩たちに怒られるからね。
真鍋:あ、また香澄んが4人~。お帰り~♪
辻 :…………………………もう、寝るか。
真鍋:…………おしっこ
辻 :バカ! ここで脱ぐな! ここはトイレじゃないっ!!
真鍋:にゅ~?
辻 :ほら、ズボンあげて。トイレはこっち……ほら……
真鍋:あれ~? どこへ連れてく気だ~?
辻 :トイレだよっ!
真鍋:にゅふふふふふふふふ。
辻 :あー、もう。世話が焼ける。未成年が酔っぱらうな。
真鍋:そうだー。反省しろー!
辻 :おまえだーっ!
真鍋:んー……もれそう~……
辻 :…………帰りに水風呂にたたき込んでやる……
真鍋:にゅふふふふふふふふふふふ。

(そして、退室)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活24日目

(09月28日22:34)
 女子寮のある部屋での会話

辻 :おやすみー。
真鍋:あれ。今日は微妙に早いね?
辻 :明日、学園祭だからさー。
真鍋:え? 学園祭?
辻 :ほら、こないだ試合したとこの側にあったじゃん。埼玉の、あそこ
真鍋:え? え? えぇぇ!?
辻 :なに?
真鍋:うそ、香澄ん女子大生だったの!? 女子大レスラー?
辻 :……ずっとボクと同室じゃん。行ってないの知ってるでしょ。
真鍋:あ、そうか。じゃ、なんで?
辻 :学園祭だよ、学園祭。
真鍋:祭り?
辻 :そ。そこのプロレス研でエキシビジョンやるの。
真鍋:え――――っ!? 聞いてないよっ。
辻 :んー。学園祭だし総出じゃないから。
真鍋:ハブられたっ!?
辻 :いや、行く方が少ないんだよ。選手は6人だけだったかな。
真鍋:うそー。ずりーっ、ずーるーいー。香澄んだけっ。
辻 :とか言われてもなぁ。会社の指名だし。
真鍋:やだ! やだやだ。あたしも行きたいーっ。
辻 :だからさ、あたしに言われても……
真鍋:香澄んだけ祭り、ずーるーいー! あたしも、タコヤキクレープ~!!
辻 :それが狙いか(呆)。
真鍋:う~~~~~
辻 :別にボクらだって遊び行くんじゃないんだからさ。
真鍋:祭り~~……うぅ……
辻 :え? …………涙?
真鍋:うっ……うっ……………………祭り……
辻 :うそ? マジ泣き?
真鍋:あたしも~…………う~~
辻 :参ったな……
真鍋:香澄ん~
辻 :ん~~~~
真鍋:祭り……
辻 :わ、わかった。じゃ、明日きいてみよ。付き人つけれないかって。
真鍋:………………
辻 :付き人でいい? それだったら多分OKもらるから。
真鍋:………………………………うん。
辻 :OK。じゃ、それでいこ。ほら、泣きやんで。
真鍋:うん……………………ぐしっ……
辻 :こんなのでマジ泣きって……ほんと、わかんないなぁ……
真鍋:…………う~~……
辻 :あ、うそゴメン。泣くな。
真鍋:クレープ……
辻 :わかった。奢るから。奢るから。

(そんな感じでなだめてたら、結局いつもより寝るのが遅くなった)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活23日目

(2006年09月27日22:14)
 女子寮のある部屋での会話

真鍋:あー、生き返った~。
辻 :今日は長風呂だったね。
真鍋:夕方、降られたからさ~。
辻 :あ、あのとき外だったんだ。
真鍋:雨天続行で走り込み。風邪引いたらどうしてくれんのって。
辻 :先月なら、降っても気持ちいいくらいだったんだけどなあ。
真鍋:すげー冷えた。もう冬だもん。
辻 :秋だよ。
真鍋:気分はもうウィンタースポーツなの!
辻 :スポーツなんだ。
真鍋:うん。芯まで冷えた。
辻 :それで長風呂か……遅いから、今日もみことさんとこかと思った。
真鍋:いや、勘弁。それはもう勘弁して。
辻 :昨日の、そんなに堪えた?
真鍋:あの人さ~、人にモノ教えるとき人変わるんだもん。
辻 :そんなに?
真鍋:ホント。誇張無し。あたしと綾っぺ、夜中の二時まで正座だよ?
辻 :うわー。
真鍋:んで、延々日本の伝統衣装について聞かされてぇ
辻 :みことさんがなぁ……
真鍋:眠くなったら、なんだろ。あの、竹で出来たこれくらいの……
辻 :あ、50㎝定規だ。たまにみことさん持ち歩いてるやつ。
真鍋:そうそう。それ。それでおでこペシーン! 「ちゃんと聞きなさい!」
辻 :想像つくような、つかないような……
真鍋:人にモノ教えるのに向いてないよ、あの人。
辻 :そお? 聞く限り、マジメに教えてくれたみたいじゃん。
真鍋:あんな山の修行僧みたいなので素直になる気は起きない。
辻 :そんなもんかなあ。
真鍋:そんなもんだよ~。自分から志願したならともかくさ。
辻 :うーん。わからなくは……ないか。
真鍋:ま、真剣なのは認めるけどね。
辻 :ふーん。
真鍋:やーっぱ、あたしは香澄んの横がいいや。
辻 :また隣で寝る気か。
真鍋:当然♪
辻 :当然って。
真鍋:ふふ。昨日、あたしがいなくて寂しかったでしょ?
辻 :へ? 何いってんの?
真鍋:もう、つれないフリしちゃって。
辻 :フリって……
真鍋:え? あたしの事心配してたんじゃないの?
辻 :何を心配すんだよ。
真鍋:だって、他の女の所に一晩泊まってたんだよ?
辻 :そんな意味不明の心配はしないから。
真鍋:えー? 変だなあ。
辻 :変なのはつかさの頭の中だよ。
真鍋:うーん。
辻 :本気で悩んでる顔するな。
真鍋:(笑って)ま、それだけアタシが信用されてるってことですか。
辻 :なんの信用さ。
真鍋:いいのいいの。あたしには伝わってるから♪
辻 :みことさんに叩かれすぎてヘンになったんじゃ……ないよね?
真鍋:なにいってんの。コレがあたし。
辻 :ああ、モトから変だったっけ……

(そして、眠くなるまで駄話は続く)

続きを読む

香澄とつかさのだらだら生活22日目

(2006年09月26日18:39)
 女子寮のある部屋での独り言

辻 :………………
辻 :まさか、どてらを知らないってだけで……
辻 :みことさんがあんなにエキサイトするとは
辻 :っていうか、よかった。どてらを知らない方が少数派で。
辻 :つかさと綾ちゃんだけだもんなあ。知らなかったの。
辻 :今晩は、みことさんが2人をみっちり教育するらしいし。
辻 :久々にゆったり静かに寝れそう……
辻 :………………………………
辻 :それにしても。
辻 :ぬか床ない家の方が多いのか……今は……
辻 :なんかショックだ……
辻 :……
辻 :…………
辻 :………………
辻 :おふろ行って、さっさと寝よ。

(退場)

続きを読む

Appendix

プロフィール

オレンジゼリー

Author:オレンジゼリー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。