Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rindori.blog27.fc2.com/tb.php/27-c1f81e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リング★ドリームのおもひで4

(2006年09月28日00:41)
 読み切り版アンケートの結果。

 「悪かった」1位。「良かった」5位くらい。

 この結果を聞いたときの第一声は「よっしゃ」です。
 これはハッキリ覚えています。
 プロレス者なら、この感覚は理解できるのではないでしょうか?
 人気商売の場合、何かをして一番怖いのは「無関心」です。最近「好きの反対は無関心」という言葉が出回っているように、一番怖いのは「良かった」にも「悪かった」にも票が入らない状態でした。
 なので、嫌われるのも上等なのです(最近はネットが発展したので、あまり上等とも言い切れないご時世ですが)。

 実際。
 その反響のおかげで……あっという間にTRPG化&連載が確定しました。
 それもGURPSで。

 GURPSについての細かい説明は割愛しますが……
 グループSNEさん以外の作家がGURPSを担当するというのは異例です。
 これは、「期待されている」というポジティブ要素と「完全オリジナルはまだ任せられない」というネガティブ要素がミックスされた結果です。
 まあ、オリジナルがまかせられないのは新人なので当然なのですけどね。

 何はともあれ、償いとリベンジの機会が出来て私はほっとしていました。

 そう。

 償い。
 リベンジ。

 女子プロレスを見下していた事に対する償い。
 女子プロレスを見下したまま作った作品を世に出してしまった悔恨。

 リンドリ掲載号が出たまさに同じ月に。
 私は別の知り合いに、女子プロレスの興業に連れて行かれたのです。
 当時、まさに燃えさかっていた、団体対抗戦の会場へ。






 いや。

 脱帽しました。
 女子プロレスに対する認識が覆りました。
 確かに男のプロレスのようなパワーはありませんが……これはこれで……

 すげぇ。

 と。
 いやもう大興奮でしたよ。
 元からプロレスそのものは大好きなわけですから、一度面白いと思ったらもう一直線なわけです。
 その知り合いが他にもビデオをもっているというのでゴッツリ借りてみたりしました。
 ここ数年の女子プロ追体験が出来るくらいに。

 そうなると。
 じわじわ後悔が沸いてくるわけです。
 カードゲーム版リング★ドリームに。
 自分はなんちゅーもんを書いてしまったのかと。
 デビュー作でとんでもないもんかいちまった、と。
 おちこんだりもしたわけです。
 まあ、それに対しては
「TRPG雑誌だから、読者もどーせプロレスなんかわかんないよ。ゲーム部分をちゃんと作ってれば問題なし」
 という、ありがたくも釈然としないお言葉をもらいましたが。
(実際、ゲームとしてはマジメにつくりました……が、問題なのはその部分ではないのです)
 
 そんなこんなで。
 TRPG化と連載が決まったとき。
 私は決意したのです。
 今度は「プロレスゲーム」ではなく、「女子プロレスゲーム」を作ろうと。

 そこから、取材の日々が始まりました。
 まずは担当さんと何度か全日本女子プロレスに顔つなぎ。
 当時まだSUN賊(全女直営の喫茶店)で働いていた府川由美選手ら、デビュー前の卵たちを取材。
 道場を何度か見学。
 獄門党党首・ブル中野選手に話を伺ったり。
 自分の車で巡業について行ったり。
 リング設営を手伝ってみたり。
 カメラマンたちに混じってリングサイドで写真を撮ったり(一度乱闘に巻き込まれてイスで足を痛打)。
 各会場の控え室やプレスルームをチェックしてまわったり。

 本当に取材だけで月日が過ぎていきました。
 角川の名前が使えたので、興業はマスコミ扱いでオールフリーパス。マスコミにまじってプレスルームにたむろったり。
 担当さんにも
「いや、普通はそこまで取材しない」
 と言われました。 

 まあ、プロレスオタの部分がここまでさせたのでしょうね。
 オタってな、そういうもんです。
 逆を言えば。
 そこまでしないと女子プロレスゲームを作る自信がもてないほどまでに、カードゲーム版の時の自分の認識がトラウマだったわけです。

(続きます)
(2006年09月28日00:41)  読み切り版アンケートの結果。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rindori.blog27.fc2.com/tb.php/27-c1f81e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

オレンジゼリー

Author:オレンジゼリー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。