Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rindori.blog27.fc2.com/tb.php/484-ddd70e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

香澄とつかさのだらだら日記452日目

女子寮のある部屋での会話

(今回のネタはちょい下品なので、その類が嫌いな方はお控え下さい)

真鍋:……ふむふむ。

(今日も夕食後にネット巡り)

辻 :熱心だなあ。
草薙:まだ、名言を探しているんですか?

(様子をうかがう草薙)

真鍋:うん。なんていうか……勉強になるね! さすが、歴史に残る人は違うっていうか。
草薙:そうですね。
辻 :で。いいのって見つかった?
真鍋:うーん………………決定的なのは、まだ。
辻 :そっかー。
真鍋:あ、でも感動する言葉はいっぱいあったよ。孔子とか。
辻 :孔子……中国の人だっけ?
草薙:儒教の祖ですね。釈迦、耶蘇(キリスト)、と並んで世界三聖とも呼ばれています。
辻 :神様と同列なんだ!?
草薙:ええ。

「義を見てせざるは勇なきなり」

草薙:……あたりは、誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか?
辻 :それ、孔子なんだ!
草薙:ええ。
真鍋:すげー! やっぱ孔子すげー!!
草薙:それで、つかささんは孔子のどの言葉を気に入ったんですか?
真鍋:あ、えーとね。その孔子と、お弟子さんのやりとり。
辻 :へえ。


◆孔子と弟子のやりとり◆
弟子:先生、処女を貴重だと思う男は多いです。
孔子:うむ、その通りだ。
弟子:ですが、逆に童貞は女に嫌悪されます。
孔子:それも、確かに。
弟子:おかしくはありませんか? 何故、このような意識の違いが生まれるのでしょう。
孔子:それはな……
   一度も侵入を許していない砦は頼もしく、
   一度も侵入に成功しない兵士は頼りないからだ。
弟子:なるほど!


真鍋:……という話。
辻 :……………………
草薙:……………………
辻 :えーと……
草薙:何というか……

(反応に困る2人)

真鍋:いや。もー、読んだ途端、「なるほど!」って思っちゃったね!
草薙:き……聞いたことのない言葉ですね。
辻 :っていうか、それ別の誰かの言葉でしょ。
真鍋:孔子だよ。だって、ちゃんとネットに孔子の言葉って書いてあるもん。

(ネットは信頼できる情報ばかり載っているわけではない)

辻 :いや……でもそれは……
草薙:確かにうまい言い回しはしていますが……孔子とは信じられないというか……
真鍋:孔子の言葉だってば!

(違います)

草薙:はあ……そうですか。
真鍋:えらい人だから、いちいち弟子とのやりとりも記録されてるんだよ。
辻 :弟子も何でそんな質問するかなー。
草薙:で……ですよね……
真鍋:でね。この話には続きもあるの。
辻 :聞きたいような聞きたくないような……


◆孔子と弟子のやりとり、続き◆
弟子:では、30年も侵入を許していない砦は、相当頼もしいという事でしょうか?
孔子:建てられてから30年も放置された砦はどうなるか考えよ。
弟子:ええと……多くは朽ち果て、時には打ち棄てられます。
孔子:つまり。その様な砦はな、侵入する価値がないという事だ。


真鍋:ってさ。
辻 :ほ……ほ~……
草薙:なるほど。昔の三十路は、現代よりもっと年老いた印象でしょうし……

(微妙なネタながら、一応感心する2人)
女子寮のある部屋での会話 (今回のネタはちょい下品なので、その類が嫌いな方はお控え下さい)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rindori.blog27.fc2.com/tb.php/484-ddd70e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

オレンジゼリー

Author:オレンジゼリー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。